ウイニングショットインドアテニススクール八王子校・あすと長町校、ウイニングショットが指導するテニススクール各校に所属しているジュニアプレーヤーの活躍をご紹介します。みなさん応援よろしくお願いします!

2012 DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会

開催日 : 2012年5月17日(木)~5月20日(日)

会 場 : 千葉県吉田記念テニス研修センター

12歳以下 男子シングルス

この大会はワールドジュニアテニス世界大会代表選考会も兼ねており、ジュニア達にとっては世界に羽ばたく登竜門となっている。

結果 優勝
氏名 青木 一真(あおき かずま)
学年 小学6年生
所属 あすと長町校
在籍クラス ジュニアプレーヤー・セレクション
コーチングスタッフのコメント

12才以下の部男子決勝は準決勝で見事第1シードの田島尚輝を倒した青木一真と2回戦でフルセットの逆転勝ちをしてついには決勝までのぼりつめた星木昇。
ノーシード同士の戦いとなった。
試合は星木が強烈なサービスやフォアの逆クロス等で試合を展開していくも、青木がスピン主体のフォアハンドでラリーのペースを握り、スライスやチャンスとあらば前にでるスタイルで勝利。
6-1 7-5で青木が見事栄冠を手に入れた。
試合を重ねる毎にプレーが進化していった。
回り込んでからのフォアハンドストローク、サービスは特に良かった。
青木は「自分のプレーができ、楽しく試合ができた。
全国大会ですべて優勝して将来はプロになりたい」と大きな夢を語った。

12歳以下 女子シングルス

この大会はワールドジュニアテニス世界大会代表選考会も兼ねており、ジュニア達にとっては世界に羽ばたく登竜門となっている。

結果 ベスト8
氏名 櫻井 雪乃(さくらい ゆきの)
学年 小学6年生
所属 あすと長町校
在籍クラス ジュニアプレーヤーD
コーチングスタッフのコメント

12才以下の部、女子に出場した桜井雪乃は相手を根負けさせるほどミスのないストロークで自身最高位のベスト8となった。
準決勝の相手は3位になった永田杏里。
1セット目は相手の角度、スピードともにあるストロークに3-6とダウン、それでも2セット目は持ち前の粘りのストロークで競ったが最後は5-7と安定した強いストロークに屈した。
今後はフィジカルトレーニングも多く取り入れ、プレー全体にパワーとスピードをつけ、持ち前の粘りと得意なテンポを使ったプレーで全国4強入りを目指す。